エスティマ30 油圧警告灯

トヨタエスティマの中古車を賢く買う方法

【プロが教える】エスティマ中古車はエンジン油圧警告灯に要注意!

みなさんこんにちは。

埼玉県のワンボックスカー専門店、ラインアップ代表の野瀬です。

24才で中古車業界に入り早いもので42才になりました。

18年間で培った知識と経験を生かし、本年もユーザー様のお役に立てるよう、情熱を持って記事を書いていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

読者の方々からエスティマのエンジン不具合について相談を頂くことが多数あるのですが、今回はエスティマ30系(H13年式からH17年式)のエンジン油圧警告灯について詳しく解説したいと思います。

エスティマ30 中古エスティマ30 エンジン

直近でご相談頂いた内容は、「他店で購入したエスティマ、1年位前に油圧警告灯が点灯し、ディーラーにて修理。ディーラーからの説明では、オイルが汚れていてオイルストレーナー(ゴミを取り除くフィルター)が目詰まりを起こしていたのでそれを綺麗に清掃した。

エスティマ 油圧警告灯エンジンチェックランプ

にもかかわらず、1年経ち、再度、油圧警告灯が点灯してしまい、さらに、エンジンチェックランプも点灯し、エンジンから異音も出てきてしまった。エンジンオイルは適量入っている。」とのことでした。

一つの可能性として考えられるのが、エンジン内部に相当のスラッジ(ゴミかす)が溜まっていてこびりついており、1年前にオイルパンとストレーナーを清掃したけれども、その後、エンジンオイルが循環していく中で徐々にこびりついていたスラッジがはがれて混じってきて再度、ストレーナーが目詰まりを起こしエンジンオイルが循環されず、油圧警告灯が点灯。

もう一つが、オイルポンプの故障が原因でエンジンオイルが循環されず油圧警告灯が点灯。まあこれもスラッジによる目詰まりが正常作動しない原因にもなります。

他にも原因はあるので、実際に当店で現車をチェックしてみないとハッキリとしたことは言えないのですが、今回は「スラッジが原因でのエンジン油圧警告灯点灯」を解説していきます。

エンジン油圧警告灯(オイルチェックランプ)とは?


このエンジン油圧警告灯はオイルチェックランプと呼ぶこともあり、「エンジンオイルの量が減ったら点灯する警告灯」だと勘違いされている方も多くいらっしゃいますが、正しくは「エンジンオイルの油圧が低下すると点灯する警告灯」になります。

簡単に説明すると、エンジン下部にエンジンオイルが溜まるオイルパンがあり、そこからオイルポンプでエンジン内部へエンジンオイルを循環させ、循環したエンジンオイルがオイルパンまで戻ってくる。その繰り返しになります。

人間に例えると、オイルの循環は血液の循環にあたります。心臓のポンプで血液を全身に送り出すのと同じで、血液が全身に循環しなくなってしまったら大変なことになりますよね。

なので、エンジンの油圧低下はエンジンブローに直結するとても危険な状態といえます。

オイルポンプやオイルストレーナーがスラッジで目詰することでエンジンオイルが循環されないことが、油圧低下の原因になります。

そもそもなぜスラッジが溜まってしまうのでしょうか?


スラッジが溜まる原因の一番は、「エンジンオイルが汚れ過ぎること」これに尽きます。通常5,000km毎にエンジンオイルの交換をした方が良いのですが、1万kmや2万kmエンジンオイル未交換で乗ってしまう方も中にはいらっしゃいます。

未交換で数万km走行してしまうと、エンジンオイルは真っ黒になり、すすのようなカスのようなスラッジと呼ばれるものがエンジン内部にこびりついてしまいます。このスラッジがあまりにも多くなると糞のような固形物として蓄積されていきます。エンジン内部スラッジ

このスラッジがエンジンオイルに混じってオイルポンプやオイルストレーナーにこびりついていき、目詰まりを起こすんですね。

オイルストレーナー スラッジ

エンジンオイルが循環しないことで「油圧警告灯」が点灯し、酷くなると「エンジンチェックランプ」も点灯し、アイドリングが不安定になったり、エンジンからガチガチ異音がしてきたりマフラーから白煙が異常なくらい出てきたり、いわゆるエンジンブロー寸前の状態になることもあります。

「それなら、スラッジを取り除いて綺麗に清掃してあげればいいんだよね!」ということで、エンジン内部のフラッシング(スラッジを取り除く作業)やオイルストレーナーの清掃やオイルパンの清掃、を行い、スラッジもほぼほぼ取り除けて目詰まり部分も綺麗に清掃され、これで解決する場合もあるのですが、残念なことに、スラッジの量が多いと数日~数か月でまた同じ症状が再発してしまいます。

正直言いまして、こうなると、もう手遅れで打つ手がありません。

高額になりますが、エンジンを交換するのが間違いない方法と言えます。

もし、あなたがエスティマを中古で探しているなら、買う前にエンジン内部のスラッジ状態がどのレベルなのか?を把握しておくべきでしょう。

仮に走行3万kmのエスティマであったとしても安心してはいけません。極端な話をすると、新車から一度もエンジンオイルが交換されていない3万kmだったとしたら、エンジン内部はスラッジで真っ黒になっているからです。

逆に、走行10万kmのエスティマで多走行だけれども、エンジンオイルをマメに交換されていたならばスラッジも少なく、エンジン内部も良好な状態といえるでしょう。

どうやってエンジン内部のスラッジ状態を調べるの?


素人の方でも、簡単に確実にスラッジ状態を調べる事が出来る方法は、エンジン上部にあるフィラーキャップ(エンジンオイルを入れる口)を外してフタ裏と開けた口からエンジン内部の状態を見る事です。

→こちらでも詳しく解説しています。

実際にフィラーキャップ裏にスラッジが沢山こびりついていたり、開けた口から見える内部がスラッジで真っ黒だったり、カスが多い場合、そのエンジンは過去のオイル管理があまり良くなかった車と判断し、購入を見送るのが良いでしょう。エンジンフィラーキャップ

そもそも、中古車販売店のスタッフですら、こういった事を知らない人たちが沢山います。知っているけどチェックしない人たちも沢山いるでしょう。

今回、油圧警告灯の件でご相談頂いた方々、スラッジ以外の原因もありますし、どんな原因であれ、安価で修理が出来て無事に再起されていることを心より願っています。

「信用出来る販売店かどうか」、「購入後の保証は充実しているかどうか」この2つも直接的ではありませんが、賢く中古車を購入する上での大切なポイントと言えます。

以上ここまで。

もし今、コミコミ80万円以下で中古ミニバンをお探しなら
来店予約
豊富な在庫情報

これからも関連記事を読みたい方は、お名前とメールアドレスをご登録ください。最新の記事や、必読記事のご案内を定期的にお送りします。
このブログを一通り読めば、プロ並みの賢い車選びが出来るようになります。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エスティマアエラス中古車
  2. エスティマ50系 燃費 実燃費 カタログ燃費

    トヨタエスティマの中古車を賢く買う方法

    エスティマ50系の燃費は?実燃費の事例から読み取る。

    実燃費とカタログ燃費エスティマ50系の実質燃費を、クチコミレビュー…

  3. エスティマ ハイブリッド

    トヨタエスティマの中古車を賢く買う方法

    【徹底検証】エスティマハイブリッドは本当にお得なのか?

    ミニバン・ワンボックスカー専門店ラインアップ代表の野瀬です。「…

  4. エスティマアエラス中古車

    トヨタエスティマの中古車を賢く買う方法

    ヘッドライトの水滴・曇り・黄ばみの少ないエスティマを選ぼう!

    2代目のエスティマアエラス(H12年式~H17年式、30系)はヘッドラ…

  5. エスティマ50系 アエラス

    トヨタエスティマの中古車を賢く買う方法

    エスティマ50系(前期型)の気になる口コミ評価

    独身の人・小さなお子さんが居るご家族・お子さんが中高生と大きくなった世…

  6. エスティマ30 エンジンチェックランプ点灯

最近の記事

  1. HIDライト
  2. 中古車 最安値 
  3. アルファード10系 後期型 画像
  4. ミニバン チャイルドロック
  5. スマートキーとキーレスの違い
  1. グランドハイエース中古車情報

    トヨタグランドハイエースの中古車を賢く買う方法

    グランドハイエースのV6ガソリンエンジンで絶対にチェックしておきたい箇所
  2. ママ ミニバン中古選び

    ミニバン・ワンボックスカーの賢い選び方

    【パパ必見!】ママが気にするミニバン中古車選びのポイントとは?
  3. エリシオン前期・後期

    ホンダエリシオンの中古車を賢く買う方法

    【写真で分かる】HONDAエリシオン前期・後期の違いを徹底解説。
  4. ステップワゴン 新車 中古 コスパ比較

    ホンダステップワゴンの中古車を賢く買う方法

    【新車と中古車どっちがお得?】ステップワゴン、リセールバリューと年間コストを徹底…
  5. 格安中古車トラブル

    ミニバン・ワンボックスカーの賢い選び方

    トラブルはこうして起こる!後悔しない中古車選び
PAGE TOP